医療法人 真善会

神尾外科

設備について
設備について

医療設備
医療設備

  • MRI
  • MRI

    MRI検査(MRI=MagneticResonanceImaging:磁気共鳴画像診断装置)は、強力な磁力と電波により臓器や血管等を画像化する検査です。検査にX線は使用しないので放射線被ばくの心配がありません。様々な部位の検査を行うことができ、色々な病気の早期発見、診断にMRI検査は有効とされています。
    検査時間は20~30分程となります。

  • 内視鏡
  • 内視鏡

    内視鏡検査とは、直接映像を見ながら検査や処置を行える最先端の医療機器です。主に、胃や腸など消化器官に関する病気の早期発見・治療のためにおこないます。
    当院では一般的に「胃カメラ」といわれる上部消化管内視鏡があり、口からだけではなく、鼻からの送管も可能です。また、恐怖心のある方、心配な方、苦しい方は、麻酔を使用し、楽に検査することも出来ます。

  • レントゲン
  • レントゲン

    一般撮影検査は、X線という放射線を被写体に照射して、身体を通過してきたX線を画像化して記録します。
    骨折や心肥大、肺炎などの診断が可能です。
    透視撮影検査とは、X線を使い、胃や大腸などを透視し、その様子をTVモニターで観察しながら撮影・診断する検査です。
    当院ではデジタル撮影装置の導入により被ばく線量の低減ができ、患者の負担を減らしています。

  • リハビリ
  • リハビリテーション

    干渉波・マイクロ波・低周波治療器や牽引治療器、エアロバイクやトレッドミルといった運動療法機器など、様々なリハビリ機器を用意し、幅広い疾患に対応します。
    また、理学療法士や作業療法士など専門職による個別リハビリテーションも行っております。